【東京11R ヴィクトリアマイルの予想】

 予想に入る前に…。

 このたび私が編集長を務めました「スポーツ報知の馬トクPOG2017-2018」は絶賛発売中!まだお買い求めいただいていない方はぜひ!馬トクPOGグランプリもやります!グランプリで総額330万円の豪華賞品をゲットするためには馬トクPOGがあったほうがいいと思いますよ~(笑)

POGグランプリPR2(RGB)

330

http://umatoku.hochi.co.jp/
↑まもなく、馬トクPOGグランプリのエントリーがスタートします!!

大会だけではなくて、POGの馬を選ぶためのツールも充実してますよ~!いま頑張って開発してます(笑)
ご期待ください!!


 さて、ヴィクトリアマイルの予想。
 
 今年は一強ムード。牝馬限定戦でいまだ馬券圏を外していないミッキークイーンからどういう組み立てをすればよいか、ということになりそう。アタマ鉄板になるほどの強度はなさそうだが…。
 ちなみに1番人気信頼度は(中の下)です。 

 昨年秋にミッキークイーンを下してG1馬となったクイーンズリングは、前走は珍しくテンションが高かった。体は大きく増えていたものの、太目が残っている感じはなかった。フケではなかったとおもう。もともと気難しいタイプだがテンションが高いときはまず走らない。休み明け初戦でこういうパターンは珍しい。その点が少し気がかり。気にしすぎか…。3歳秋以降、連続して凡走したことがない(2走前の香港遠征を除く)。休み明けで凡走すれば、次走では好走する、そういうパターンだとすれば、今回は好走する番。底力だけを切り取ればミッキークイーンよりも上の評価。

 ルージュバックは前走は直線でロスが多い競馬となり力を発揮できず終い。フラストレーションが溜まったことだろう。ヤマカツエースは強かったのは分かるが、その他に負けるような馬ではない。1600m戦だと今回のメンツではさすがに先行できない。どういった位置取りになるか…。大外ぶん回しは芸がなく、戸崎騎手はそんな乗り方はしない。どういう位置からどういう乗り方をしてどこを走れば最も効率が良いかを熟知しているはず。あとはそのイメージで運べるかどうかだけ。昨年の同レース以降、G1勝ちがなく寂しい1年を過ごしきた。ここは何としても獲りたいところ。
 
 ようやく軌道に乗ってきたのがジュールポレール。マイルCS勝ち、皐月賞2着馬サダムパテックの半妹。レースセンスが優れている点では兄に勝るとも劣らない。前走は直線で抜け出しかけて止めてしまったようで、ゴール前ではまた差し替えす勝負根性を見せた。

 ウキヨノカゼは、歩様の悪さは相変わらずだが、気性が良くなったおかげか距離に融通が利くようになった。先週のNHKマイルCを制した菊沢隆徳厩舎と人気薄で2着に導いた吉田隼騎手とのコンビだから贔屓目に見ているわけではなく、純粋に今回は勝ち負けできる舞台だとみている。
 
 より短距離馬っぽくなってきた印象のレッツゴードンキは、現状は府中の1600mでは少々手を出しずらい。

 アドマイヤリードが来てしまうともう面白くなくなる。もっとも、特殊な条件でこそのタイプで、決め手勝負になるとG1では荷が重い。
 
☆推奨激走馬☆
8番クイーンズリング
─────
◎7番ルージュバック
○11番ミッキークイーン
▲8番クイーンズリング
注3番ジュールポレール
☆12番ウキヨノカゼ
△5番アドマイヤリード
▽14番レッツゴードンキ


http://amzn.asia/6kE8Frf
 馬トクPOG2017表紙

http://amzn.asia/6kE8Frf
↑本ももうちょい売ってます!売り切れても知らん!(笑)

奥野 憲一