【東京11R 天皇賞・秋】
◎3番サトノクラウン
○7番ラストインパクト
▲8番ラブリーデイ
注9番エイシンヒカリ
☆15番ショウナンパンドラ
△1番ディサイファ
△16番イスラボニータ

 秋のGⅠはこれで4戦目。
 スプリンターズS、秋華賞では、それぞれ1番人気が勝利し、菊花賞でも3着に好走(2勝3着1回)。馬券圏内率は100%となっている。

 さて、今週の天皇賞(秋)の1番人気はどの馬になるのか?

 ラブリーデイ、エイシンヒカリ、ディサイファ、ショウナンパンドラ、サトノクラウン、このあたりが上位人気すると思われる。この5頭でかなり人気が割れそうだ。
 1番人気などあってないようなものだが、戦績と馬人気からいくと、やはりエイシンヒカリになるのではないかと予想している。

 個人的にも、天皇賞秋の舞台に構造上最も適しているとおもわれるのがエイシンヒカリだと考えている。まさに2000mを走るために生まれてきたタイプ。使うたびに成長もしている。
 不安材料を挙げるなら、変化に対応できないことか。1800mで3連勝してきているが、その時計がすべて1分45秒半ば。平均3Fラップが35秒半ば。それよりも速くなると崩れてしまうかもしれない。もしペルーサがこれに絡んでいくようなことがあると…。G1で単勝を買えるほどの信用力はまだない。

 もしかすると、ラブリーデイが最終的に1番人気に支持されるかもしれない。
 ラブリーデイは手先の回転の速さと持続力の高さが売りで、体を大きく使った走りができない。要は体が硬い。スローからの上り勝負や、芝の道悪では好走できても、適度なペースからの追い比べになると最後の最後で脱落する。小回りが得意なのは、繋と飛節がそれに適する形をしているからだ。
 もちろん、スローの上り勝負にあれば期待値は上がる。いやそれでも直線が長い府中の2000mでは、マイラー的な資質を併せ持った伸びのあるスピード馬には勝てないだろう。

 サトノクラウンがまだよくわからない。
 主要重賞2勝でダービー3着の同馬よりも、ローカルの重賞を1つ勝ってるだけのアンビシャスよりも人気していないのが実に気になる。あまりデキが良くないのか…。
 しかしダービーは負けて強し。出遅れと進路どりが災いしてサトノラーゼンを交わせなっただけで、内容的には勝ち馬に匹敵するぐらいの競馬をした。現状、ドゥラメンテにはたしかに及ばないかもしれないが、現役の中長距離路線では主役をはれるだけの高い能力はある。


 ディサイファは左回りだと内へササル癖がまだ矯正されていないようだ。それでもちゃんと走らせて好走させているのは騎手がその癖を理解していて、修正できているからだが、G1になるとそのロスが命取りになる。そういう意味では、ラチを終始頼れる最内枠はこの馬にとっては理想的。あとは、直線で抜け出す際に、上手く捌けるかどうか、そこだけだ。

 ショウナンパンドラの成長力には驚かされる。デキ7分の宝塚記念で3着に好走し、休み明けのわりに8分のデキにあったオールカマーが完勝。その内容が非常に良かった。まさか外から豪快に差し切るとは。一瞬の脚は、宝塚記念2着のデニムアンドルビーに匹敵するものがある。とはいえ、府中の直線は、それが強力でも、それだけでは勝てない。いや、それでも今年に入ってさらに成長していることを考えると、ひょっとするとひょっとするかもしれない。

 イスラボニータも柔軟性があって、ロスの少ない走りができるタイプ。馬体構造上、2000mはギリギリで、2000mベストの馬たちに混じれば若干見劣ってしまうが、良いスピードを持っていて、ぐっと伸びる走りができるので、後続がもたつく展開になれば、粘り込んでしまう可能性はある。
 ただし今回の外枠は割引材料。少し気難しいところがあるため、このコースで外から出していくとなると引っ掛かってしまう恐れがある。


 中距離適性が非常に高い馬といえば、ラストインパクトもその1頭。よくまあ天皇賞(春)で4着に好走したなと感心させられる。
 実はこの馬、過去にラブリーデイと3度対戦して、すべて先着している。昨年12月の金鯱賞においては、レコード勝ちをおさめ、ラブリーデイは時計対応できずに伸びきれなかった。左回り適性が高く、直線が長いコースでこそ力を発揮することがこの戦績から見て取れる。
 前走は休み明けで太目残り。レース内容もそれほど良くなかった。目標が天皇賞(秋)だったわけで、むしろそれで僅差の6着にこれらたことは力のある証拠。札幌記念以降、休ませずにコースでしっかり調教されてきたお陰か、非常に柔らく軽い。春よりもデキが良いのではないだろうか。

TEXT 奥野憲一