<登場人物>
赤木・・・赤木一騎(JRDB総帥)
奥野・・・奥野憲一(JRDB総務←uso)
卍 ・・・馬券裁判男卍氏
M ・・・プログラマM(JRDB)
Y ・・・チーフプログラマーY(馬券モンスター)


前回「馬券裁判男卍氏初登場!バケモンAIプロジェクト発足!?」のつづき

赤木 ほいで、来週発売になる本のほうはどうですの? なんか、エライことになってる言うて、某出版社の編集が話してたけど。

  お陰さまで、売れ行きは好調のようで、ネットで注文された人は、もしかするとお手元に届くのが遅くなるかもしれません。

奥野 そうでしょうね。Amazonでは、本部門のランキングがずっと100位前後にいますからね。

赤木 そりゃすごいやん!そしたら・・・全部で何部ほどいきそうですの?

  僕にはちょっとそこまではわからないですねぇ・・・。

奥野 3刷はいくんじゃないですかね。

赤木 競馬本でそれだけ売れることは有り得へんで!もしそれだけ売れたらメタモルさんが一番喜ぶんちゃうか?(笑)

奥野 なんで先にJRDB出版にお声掛けしてくれたなかったんですか!?

  あぁいや、JRDB出版があるのを知ってたら先にお声がけしてましたけど…。

  JRDBに出版部門あったっけ?

  無いです無いです(笑)。奥野さんが一人で運営してるといえばそうなるかな。この人なんでもやりますから。

  ないんかい!(笑)。メタモルさんも偶々ですよ。競馬王さんから、ちょうど一年前に「1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本 (競馬王馬券攻略本シリーズ)」が出されていたので、競馬王さんからも出したい思いはありますよ。スケジュール的に難しいかもしれませんが…。

1億5000万円稼いだ馬券裁判男の予想法を解明する本 (競馬王馬券攻略本シリーズ)

奥野 でも、出すんでしょ?

  いや、秋は本業が忙しくなるみたいで…(汗)。

  でも、出すんでしょ?

  時間が取れない可能性が高いんで…(汗)。

奥野 今回3刷ってことは…印税が●●●万円…。($ω$)フフフ…

  出すでしょうね(汗)。

  そりゃだって、さっきも話してたけども、今回の一件で、裁判費用やら無申告加算税、延滞税とかで、ようさん支払っていかんとアカンねんもん。大変やでぇ。

赤木 Yさん、えらい詳しいやん。

  一応勉強はしてます。

赤木 ほいで、この前の競馬王7月号に書いてくれてあったけども・・・

奥野 卍さんのページ、「独占スクープ!馬券裁判男ついに登場!」という見出しのページですね。表紙にもなってました。その袋とじにあった話かな。

赤木 そうそう。気になったのは、卍指数にうちのIDMをどういう形で使ってたかってことやな。

  それ以前に、IDMに目をつけられたところがね。普通に競馬を楽しもうと思うレベルでは、到底このデータの優位性に気づかない。

  いろいろ時間をかけて調査した結果、JRDBさんのIDMが最も使い勝手がよかったんで。求めていたスピード指数に最も近かったんですよ。

  というのは?

  IDMは「記憶の要素を指数に取り入れてる」じゃないですか。一般的なスピード指数は、基本的に走破タイムだけで作られていて、速い時計で走ったのかそうでなかったのか、ぐらいしかわからないんです。

  おっしゃるとおり。いいとこ、馬場差を求めて、それに足し算引き算してるぐらいじゃない。

  でも、御社のIDMは、走破タイムから馬場差を加減し、さらに、記憶の要素を付け足されています。ここが私の中で最も重要なんです。

奥野 記憶の要素、要するに、スタートからゴール板を通過するまでに、どういった競馬をしたか、これを数値に換算して、IDMの素点に対して足したり引いたりしてます。その他、斤量補正とかもしてますね。

  要はこういうことですね。


 IDM = ①素点 + ペース + ハンデ(斤量補正) + ②記憶要素

  ①素点 = (基準タイム―走破タイム) × 距離差 × 10 + 馬場差 + 基本値

  ②記憶要素 = 出遅 + 不利 + 位置取り + レース内容



  こういうことは一般の競馬ファンはできないじゃないですか。そこなんです、大事なのは。

奥野 そこに本当の妙味があるということですな。

  そのとおりです。この指数だけでも数万円の価値があるとおもいますよ。

赤木 そんなこと言うてくれんの卍さんだけや~(涙)

  いやいや、私も思ってましたよ。会員のころは。でも、1980円しか払う気はなかったですけど(爆)。

奥野 安いに越したことないもんな(笑)。

  会員になる前は、重賞無料メルマガに出してくれたIDMとパドック情報だけで競馬を楽しんでましたわ。あのときはホント良かったな~。メルマガが廃止になってすぐに、正規会員になりました(爆)。

奥野 そういう人多いよね。

  しかしこんな凄いデータ、誰が考案したんや?

赤木 ワシやがな~(ドヤ顔)

  赤木さんしかおらんやん(笑)。

奥野 IDM以外にも「蹄のデータ」を使われていたとか。

  そうです。これも一般の競馬ファンは知らないファクターですよね。JRDB会員さん以外。

  知らんでしょうな~。私は、それに加えて、「芝長距離では脚長馬」を予想に取り入れたりしますよ。

  そういうデータまであるんですね。それは知らなかった。

赤木 厳密にいえば、脚長だけじゃなくて、繋も長くて、首も胴も長くて、肩の角度が緩い馬が、長距離適性が高いんや。まぁ、最近はそういう馬は減ってきてるけどな。典型的な長距離体型の馬っちゅうのはホンマに少ななったわ。

  これからはそういうところも勉強して指数に取り入れないといけないですね。勉強になります。

  しかし、蹄とか繋とか、こんな凄いデータ、誰が考案したんや?

赤木 ワシやがな~(ドヤ顔)

  めんどくさいわ!(笑)。

赤木 まだまだ他にも一杯あるんやで、うちには。

  そうなんですよね。これからいろいろ使わせていただきます。

つづく…


関連リンク
⇒卍の投資競馬術
⇒Web競馬JRDB
⇒馬券モンスター


馬券裁判“本人”が初めて明かす!
「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」 to Amazon